名機

万枚は当たり前!初代ミリオンゴッドの凄さ

更新日:

ホールでも人気のゴッドシリーズ

なかなかヒット機種がでない最近のスロ業界ですが、ゴッドシリーズの凱旋やハーデスなどは今でも主力として稼働しているホールが多いです。

ポセイドンはどうなんだよ!という意見もありそうですがポセイドンはそっとしておきましょう。

凱旋やハーデスは一撃がある反面、えげつない下降グラフを描くことも珍しくないので 朝から全ツッパという猛者も少ないですよね。

しかし、その昔に登場した初代ミリオンゴッドの時代は朝からゴッドに突撃する猛者が大勢いたんですよ。

しかも初代のミリオンゴッドはコイン持ちもメチャクチャ悪く(1K20回位)天井も1500Gで天井の恩恵も特になく基本的にゴッドゲームが1回くるだけでした。

当時の猛者たちが勇敢に立ち回り、そして散っていった軌跡を 今一度振り返り 今のゴッドシリーズがいかに優しいシステムなのかを確認して下さい。

設定関係なし!モードとPGGで決まる

初代ミリオンゴッドには、遊戯履歴が見られるデータが内臓されていました。天井到達など当たり前として、天井が2周3周している履歴も珍しくはありませんでした。

なので、初代ミリオンゴッドにおいて20万負けなどは余裕。資金がある人だったら1日で30万負けも現実的に起こせたと思います。

とにかくミリオンゴッドで大事なのはモード。地獄モードに滞在していたら、そこから抜け出すのが並大抵の事ではありません。

あと、ストックモードと通常モードというモードもありましたが、どちらに滞在していてもそんなに嬉しいモードではありませんし、そもそも天国モード以外は滞在モードを示唆するような演出はなかったと記憶しています。(私の知識不足で実際はあったかもしれませんが)

一見するとストックモードなんて熱そうに感じますが、別に高確率でストック抽選されているわけでもないし、仮にストックが内部に大量にあったとしても全放出されるわけではありません。例外としてGゾーン中にゴッドをひいた場合のみストック全放出というシステムでしたが、Gゾーン中にゴッドなどひけるわけもなく、今思うと最初からストック放出など するきのない仕様だったと思います。

そんな極悪仕様の台に朝から猛者たちが集結するのには理由がありました。それは店の仕込みです。

やる気のある店は朝一天国モードの台を用意していたのです。当時、ホールの主任に聞きましたが、初代ミリオンゴッドはストック消しは当然として、モードの変更も自由自在にできると言っていました。その時に同時に聞いた話だとストックは毎日消しているとも言っていましたね。

いずれにせよ朝からミリオンゴッドの天国スタートが打てるというのは非常にデカいです。そのような店には連日 朝一から猛者たちが集結していたのです。

天国モードの破壊力は凄まじい

初代ミリオンゴッドは天国滞在中だと、比較的素直に熱い出目がでます。これがでたら絶対にやめられません。ただし、天国滞在中でもゴッドゲームを引けずに転落するという事もあるので油断は禁物です。また、天国滞在中ゴッドゲーム高確率状態でもヒキが悪いと熱い出目だけが出続けて、なかなかゴッドゲームをひけません。ゴッドのコイン持ちは極悪な為100ゲームハマっただけで5000円ほどが吹っ飛んでいます。

しかし、そのようなハードルを潜り抜けて天国中にゴッドゲームを射止めると そこから何発のゴッドゲームがでてくるかわからない状態に突入しました。

初代ミリオンゴッドは【GOD】揃いの破壊力も凄かったのですが天国モードもかなりヤバい状態になっていました。実際に【GOD】や【赤7】なしの天国モード一発での万枚も珍しくはなかったですね。

そんな破壊力抜群の天国モードが朝一に仕込まれているとなれば朝から鉄火場状態になるのも無理はありません。

いまだに思い出す【GOD】不発の悲劇

初代ミリオンゴッドでの【GOD】揃いは5000枚役とも言われていました。GOD揃い後の500ゲームのATを消化すれば約5000枚程のコインを手にすることができたのです。

今の凱旋やハーデスの【GOD】揃いとは違い、ヒキによる出玉の差はほとんどなく押し順さえ守っていれば約5000枚ゲットできたのです。

今では1/8192というフラグも珍しくはないですが、当時は1/8192なんてひけるような感覚はなかったです。朝からハマリまくって負債が10万に届こうかという時に突然訪れるフリーズ!思考が停止した状態で打っていて突如 液晶の左に現れる【7】。【GOD】降臨は今も昔も突然訪れます。【GOD】揃い一発で大負けを回避した経験は当時の人ならみんなあるでしょう。

そんな、一撃必殺フラグである【GOD】ですが、私にはいまだにトラウマになっている記憶があります。

ある日、あまり行った事のないホールに行き朝一状態のゴッドに着席。開始早々3プレー後に液晶に【7】【7】テンパイのゴッド確定。しかし次の瞬間、頭が真っ白になります。液晶に止まった数字は【773】!

私はこの瞬間にすべてを悟りました。朝一座ったゴッドの液晶に【123】と表示されていたのを思い出しました。本来であればゴッドの朝一出目は【324】。

【123】はペナ打ちをした時に表示される数字なのです。

つまり、3ゲームのペナルティの間にゴッドをひいてしまったのです。

が!しかし、納得できない私はリールに【GOD】が揃っている状態ですぐに店員を呼び【GOD】が揃ったのに発動しないと告げます。店員は順押し しないとペナルティ状態になり無効になると言ってきましたが、私自身は本当に順押しでプレーしていたので、絶対に順押ししていたと突っぱねます。

その後、白ワイシャツを着た主任のような人が来たかと思うと、「少々お待ちください」と言い、事務所へ消えていきます。カメラをチェックしてたのかどうかはわかりませんが、事務所からでてきた主任が放った言葉は「ゴッド揃いの1/65536で発動しない事もあるんです。申し訳ありません。」

実際、ペナ状態の台を打ってしまっているので原因はわかってはいるのですが、自分のペナじゃないので悔しくてたまりませんでした。

ゴッドの内臓データを見てみたら発動していない【GOD】が遊戯記録にしっかりと記録されていました....

私にとってゴッドの思いで第1位はペナ中ゴッド揃いですね。きっと全国ではもっと凄い体験談をされている人も多いと思います。

強烈な体験談がありましたら是非コメント下さい。

ゴッドには助けられた事もあれば殺されかけた事もあり、本当に思い出深い1台ですね。

おすすめ記事


-名機

Copyright© ドラゴン プロダクション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.