名機

【アラジンA】アラチャン ロングの破壊力は凄まじい!夕方からでも余裕の万枚

更新日:

アラジンシリーズ最高傑作

数ある爆裂AT機の中でも、個人的に大好きだった台。アラジンA

もともと、アラジンシリーズは初代のアラジンから大好きで、初代アラジンも相当打ち込みましたね。

アラジンAは爆裂AT機が全盛期の頃に登場したのですが、他の爆裂機よりも打ち込みました。

アラジンシリーズの最高傑作といっても過言ではないアラジンA

その破壊力や面白さについて語っていきます!

初打ちでSAC突入

初代アラジンから、アラジンシリーズを愛していた私は 当然アラジンAにも大いなる期待をよせていました。

あの頃はパチスロ雑誌などでも、アラジンAを大々的に取り上げており、その記事を読んでいるだけで興奮度はMAX

しかも雑誌によるとスーパーアラジンチャンスなる、いつ終わるのかわからないAT状態もあるとのこと。

打ちたくて、打ちたくて、日々アラジンAへの思いはつのるばかり

その思いが最高潮に達したと同時に、アラジンA新台導入のアナウンス!

気合の並びと気合の抽選で、無事にアラジンエースを死守!

さあ、あとはブン回すだけです。

新生アラジンの荒波を堪能させてもらうぜ!!

その気合が通じたのかシマで1番にBIGをひきます。

ホヤホヤの新台がゆえに、内部的な数値などは一切不明。単チェリーが熱いという情報だけで続行しつづけます。

打っていると、単チェリーからアラジンチャンスにも何度か入ります。

しかし、何度か入っても2~3連で終わってしまい、なかなかアラジンの良さが見えてきません。

まわりの台も、似たような感じで アラジンチャンスに入って爆連している台は見当たりません。

全体的に でていないわけではない....

でも私が想像していた荒波や一撃といったイメージとは ほど遠い感じ...

なんというか、マイルドな出方....

そんなモヤモヤした気持ちで打っていたらアラジンチャンス中に単チェリー

これは、パチスロ雑誌でも見ていました!!!!

スーパーアラジンチャンスの大チャンスです!!!

10Gのアラジンチャンスが終わり、ドットにはENDの表示

しかし、ベッドを叩くと次の瞬間 アップテンポな曲とともにスーパーアラジンチャンス突入!

アラジン愛が通じたのか、スーパーアラジンチャンスもシマで1番にひきました。

隣のお客はもちろん、シマの隅にいた立ち見のお客たちでさえ 私の台に注目しはじめます。

なんせスロ雑誌によれば、いつまで続くかわからないスーパーAT的な感じで書かれていました。

まわりのお客達も固唾を飲んで見守ります。

私はドル箱に下皿のコインをすべてブチ込み、腕時計で今の時間を確認し、興奮がばれないようにSACを消化しはじめます。

あきらかにアラジンチャンスとは違うアップテンポな曲が、超プレミア的なモノであると確信していました。

が!!!!!

SACは10Gで終了!!!!

え!!!!

どこまで続くのか わからないんじゃないの!!?

アラジンAの新台初日に、スーパーアラジンチャンスの大半が10Gで終了するという事実を知っている者はメーカーの関係者以外いなかったのではないでしょうか?

結局、この日はスーパーアラジンチャンスにも突入させ、一通りのボーナスやATも体験し、2万ほど勝ったのですが なんか消化不良な感じでした。

期待が大きかったせいか、打ち終わった時の感想は微妙な台という感じでしたね。

解析を見てハマる!

アラジンAがホールに登場した頃は、他にもたくさんの爆裂4号機が設置されていました。

アラジンAはコイン持ちも悪く、ATのゲーム数も10Gしかなく、期待していたSACも大半は10Gで終わってしまうという現実から、あまり率先して打ってはいなかったですね。

しかし、その後 アラジンAの解析を見て、私の中で評価が一気に高まります。

この頃のパチスロは解析がでるとガッカリするパターンや、ムリゲーだと思うパターンなども多々あり、解析を見て客付が悪くなるといった事も珍しくはありませんでした。

しかし、アラジンAは解析を見れば見るほど、低設定でも夢がある!!!

単チェリーをひけば勝負になる!!

アラジンチャンス中の単チェリーはロングへの昇格抽選もしている!!

などなど、解析を見たことによって、熱いポイントや叩きどころが明確になり、一気に打ちたくなってきます。

獣王や金太郎、インディーなどのように最初から何連チャンというフラグが存在していると、思っていたのが解析によるとそのような抽選ではない

高確ショートとロングの転落抽選で、あのようなアラジンチャンスの連チャンを産みだしていたのも気に入りました!

また、ショートからロングへの昇格も現実的でしたし知れば知るほど面白さが増してきます。

唯一、残念だったのはスーパーアラチャンの4桁ゲーム数は現実的な数値ではなかったという点ですかね。

夕方から設定6で万枚

アラジンAが大好きなだった理由の1つに勝っていたというのも大きな理由の1つ

アラジンAに関しては設定6を複数回打ましたし、他にも高設定はけっこう打てたと思います。

当時は札による設定公開などもありましたからね。

そんなこんなで、アラジンAでの万枚経験は10回以上はあります。

そんな、万枚経験の中で1番印象に残っているのは、夕方6時から8時30分くらいの2時間30分くらいで万枚突破した時ですね。

その台の前任者も1万枚以上 持ち帰っていたので、私と合わせて2万枚オーバー

アラチャンのロングが抜けないと、一気にドル箱タワーになります。

私は経験ないのですが、全国ではSACの5000Gをひいた強者もいるみたいで、噂では5万枚でた!6万枚でた!などと聞いたことはありましたね。

アラジンチャンスをショートとロングの転落抽選にしたことによって、初代アラジンの集中を上手く再現した名機

また初代アラジンと違い、ビッグをひいてもアラチャンはパンクしないのですから、低設定でもヒキしだいで一撃万枚も十分に狙えた台でした。

おすすめ記事


-名機

Copyright© ドラゴン プロダクション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.