パチスロ

クラセレは非等価でも勝てるのか!10万ゲーム実践で見えた事実!

更新日:

パチンコ屋の減少が止まらない

最近は本当にスロットもパチンコも勝ちにくくなってきていると感じます。

私のヒキが長期にわたって腐っているという理由もありますが、あきらかにホール自体が渋くなってきていると思うんですよね。

実際に年々パチンコ屋の件数は減少しているわけですし、今あるホールでも経営難に陥っているところもあるのだと思います。

まだまだパチンコ屋の件数は減少していくと思いますし、遊戯人口も減少していく傾向にあるのではないでしょうか?

そんな現状のせいなのか、出球で還元するという太っ腹なホールが本当に少ない。遊ばせる事すらさせないボッタクリ営業のホールも珍しくありません。

そのようなホールで打ってしまうわけだから、まあ負けて当たり前なんですがね。

負けても負けても、通い続けてしまう宿命を背負っているのでパチンコやスロットを辞めるという選択はありません。

私にできる事は、このような厳しい環境でも手堅く勝ちを目指す事なのです。

手堅く勝つにはクラセレしかない!

AT機やART機の一撃必殺を求めて 打ち散らかした結果、収支はマイナス街道まっしぐらになっている現実と向き合い、私のだした答えは「クラセレで手堅く勝つ」という結論になりました。

やはり、手堅く勝つとなると天井狙いのハイエナか、Aタイプしかないと思うんですよね。

天井狙いに関しては、期待値の稼げる美味しい台が、そもそも空いている事も少ないので、いつでも稼働できるAタイプでの勝負が現実的と判断。

また、クラセレは設定1であったとしても機械割が100%を超えているので手堅く勝てる可能性が十二分にあるわけです。

3万突っ込んで80枚とかで終わるATやARTよりも、ビッグ1発で250枚出るクラセレの方が良心的です。

理論値と実践値

クラセレが甘いというのは、スロッターなら誰もが知っています。クラセレはリーチ目や絵柄だけではなく、クランキーコンテストの甘さも継承している後続機ですからね。

理論上はハナビやバーサスなどよりも機械割は甘いので、ハナビやバーサスよりも勝ちやすいはずです。

しかし、多くのホールではハナビやバーサスよりも客付きが悪いのも よく目撃します。甘くて勝ちやすいはずなのに…

クラセレはハナビやバーサスと違いRTを搭載していないので、ゲーム性としては幅が狭いと言えますが 甘くて勝てるのであれば人気があってもおかしくはないと思うんですよね。

つまり、理論的には甘くても実戦的には甘くないという事なのかもしれません。

実際に現在ほとんどのホールが等価交換ではないので、換金ギャプが発生しています。

理論的には勝てても、現実的には換金ギャプや小役のこぼしなどで負けてしまうのかもしれません。

そのような換金ギャプがある環境でクラセレだけを10万ゲーム回した場合、はたして本当に勝てるのか検証します。

10万ゲーム実践結果

バッチリ10万ゲーム実践してきました。

まずはその結果をご覧下さい!

総ゲーム数   102444G

BIG回数    521 (196.6)

REG回数    246 (416.4)

スイカ     1726 (59.3)

収支     +76400円

ほぼクラセレの設定1の近似値という結果でした。

スイカとチェリーのこぼしはなかった。と思いますし、当然ビッグとレギュラーは完璧に最大獲得枚数をきめています。

基本的には上段コンドルのはさみ打ちでプレイしていたので、枠内コンドル狙いのコンドル落としで打っていれば、更なるプラスを見込めたはずですし、現金投資もかなりしているので、貯玉での再プレーを徹底していれば、勝ち額を上乗せできたとおもいます。

つまり、ホールでよく見かけるコンドルはさみの現金投資という打ち方です。

このような、甘い打ち方でも小役とボーナス中の最大枚数さえ獲得していれば勝ててしまうのです。

結果もほぼ設定1の近似値という事なのでヒキ強という事でもありません。

つまり、クラセレは実戦的な打ち方や立ち回りでも甘いのは間違いないとして、打ち方や再プレーを徹底する事により設定1でも勝ててしまう機種と言えます。

現実的には甘いが精神的には辛く感じる

もしも、今回 データを採取していなければ、感覚的にクラセレで勝っていると気付かなかったかもしれません。

その理由として、意外と勝率が低かったので負けている印象が頭にこびりついてしまうのです。また、勝率が低い原因として、1日のプレイ数が少なかったというのがあります。

毎日、8000G以上 回していれば、勝率も高くなったと思いますが、今回の実践では2000Gくらいの実践の日が多かったので勝率は低かったです。

また、ボーナスが荒れるのは当然として、小役の荒れかたも凄いので、当たりやすいAタイプのくせに あっという間に1万円が消えるという事も多々ありました。そのような印象がクラセレが辛いと感じさせてしまうのかもしれません。

 

しかし、実際は普通に打っているだけで勝ててしまうという激甘マシンなわけなのですから、人間の印象や感覚というのは不思議なモノです。

もし、貪欲に勝ちにこだわるのであればクラセレはイチ押し機種だとオススメします!

甘いと評判のクラセレを5万ゲーム打ち込んでみた結果

目次1 クラセレは本当に甘いのか!?2 クラセレを1か月打ち込む3 クラセレは本当に甘かった クラセレは本当に甘いのか! ...

続きを見る

パチンコ パチスロ好きは株で勝てる資質がある

目次1 パチンコ パチスロ終焉の時代2 ギャンブラーは株で勝てる資質がある3 ギャンブラーのメンタルは強い4 株は難しく ...

続きを見る

【一攫千金】元手10万でもテンバガー3回で1億円!

目次1 1億円を手にしたい!2 株で一攫千金を狙う3 狙いはテンバガー 1億円を手にしたい! もしも1億円あったら... ...

続きを見る

-パチスロ
-

Copyright© ドラゴン プロダクション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.