名機

【名機】獣王の衝撃と思い出

更新日:

全てが斬新だった獣王

サミーのパチスロやパチンコにおいて不動の激アツ演出として君臨しているキリン柄。

この激アツのキリン柄は、もともと獣王からきています。

小さなドットのなかで表示されていたキリンが、まさかここまで大出世するとは当時思いもしませんでしたね。

初代獣王はかなり打ち込みました。というよりも当時スロットを打っていた人であれば多くの人が獣王を打ち込んだのではないでしょうか!

多くの人を魅了し、連日 獣王のシマは大賑わい。

それもそのはず、獣王は今までのスロットの常識や概念を覆したスロットといっても過言ではありませんでした。

その常識破りのスペックに誰もが狂乱したのです。

連チャン!?天井!?

獣王が登場するまで、連チャンするスロットというのは基本 裏モノが主流でした。ノーマル機において連チャンというのは、自力でのヒキによる連チャンしか期待できなかったのです。

また、天井での救済処置というシステムも今では珍しくありませんが、当時のスロットで天井を搭載している機種はありませんでした。

2号機以前のスロットは吸い込み式だったので天井が存在していましたが、吸い込み式が禁止になり 事実上 天井も廃止されていた時代に獣王は天井を搭載して登場したのです。

獣王の天井は基本的に単発or3連という振り分けで、天井からの爆発を夢見る事はできませんでしたが、当時 必勝ガイドの実践データで天井からの爆発データが掲載された事がありました。

今になって思えば 天井での薄い振り分けを引きあてて爆連させたのだと思いますが、実践データが掲載された時点では、獣王の解析値なども不明であり、荒れ狂う出玉のスランプグラフに様々な憶測が飛び交っている時でした。その為、解析が出揃うまでは大ハマリした台を積極的に打つ人達もいました。

奇数設定は荒波!偶数設定は安定!

今までの常識では設定が上がるにつれてボーナスが当たりやすいというのが常識でした。しかし獣王では奇数設定と偶数設定で出玉の波が大きく違ったのです。とくに設定5は一撃必殺の設定であり、場合によっては設定6をも超えるポテンシャルを秘めていました。

が!その反面 設定5でも展開が かみ合わなければ爆死してしまうという内容でした。今でこそ、そのような台は多いですが 当時 そのような台はなかったので、設定1を打っていても設定5の可能性を捨てきれずに大量の投資をして大負けしてしまうという展開も少なくありませんでした。

また設定6に関しては超エクストラ設定であり、朝から閉店まで ぶん回せば どんなにヒキが悪くても負ける事など考えられず最低でも3000枚はゲットできたといえるでしょう。

ちなみに獣王の設定6を朝から閉店まで回して3000枚で終わった場合 かなりへこむと言えるでしょう。

獣王の設定6は見抜きやすさでもエクストラでした。ハズレをひけば ほぼサバンナチャンスに突入するので、朝一は全員ハズレをひくまで回していました。ハズレをひいてサバチャンに突入しなかった場合、設定6ではないと見切られるのも早かったです。

設定6で15000枚

私も当時、設定6を打ったことがあります。

獣王の設定6は超エクストラ設定の為、なかなか置いてくれるホールも少なく、イベントなどで設定6を投入されたとしても 朝からの並びが凄くて そもそも獣王に座れないといったありさまです。

しかし、私が当時通っていたホールには毎日 確実に設定6がありました。獣王の設置台数は50台で朝 1番最初にビッグをかけた人は 店が用意した設定6確定台に座れるのです。

これなら連日通っていれば、いつか自分も獣王の6を打てると思い 連日 朝からビッグ早掛けに挑戦です。朝一レギュラーという苦い経験も2回程しましたが、遂に朝1番のビッグを引き当てて6をGETしました。

あの獣王の6を打った日は今でもよく覚えています。一撃の連チャンこそなかったもののサバチャンやビッグがハマリもなく続いてくれて、ずっとコインは増加していき閉店までぶん回して15000枚GET.

1度だけハズレからサバチャンに突入しないことがありましたが、結果的には超満足な1日でした。

獣王は最高の完成度だった

獣王は最初にして完成度が高い完璧なスロットだったと言えます。サバチャンでの連チャンが最大の魅力ではありますが、細かいところも かなり作り込まれていました。

技術介入面ではリプレイ外しはモチロンとして、サバチャンを高速で消化することによって1G追加される事や、ボーナス成立ゲームにビタ押しする事によって15役を取ることもできました。このような完全攻略をすることによって 獣王は甘かったのです。

また、演出面も最高でした。小さなドットしかありませんでしたが、矛盾した演出が発生する事によってサバチャンの潜伏が確定したり、無演出でのハズレがボーナスORサバチャン確定だったり、突然発生する15枚ナビなど、本当に熱い演出ばかりでした。

当時ホールで獣王を打てた事は私にとって本当に良い思い出だといえます。

昔のパチンコ屋は凄かった!今では考えられない事ばかり!!!

目次1 昔のパチンコ屋は無法地帯2 オカルトを信じているお客が多かった3 店員が怖かった4 掛け持ち遊戯OK!?5 1回 ...

続きを見る

コンチネンタルの連チャンは衝撃的だった

目次1 衝撃の出会い2 新台2日目 インチキ抽選3 初打ちでコンチの虜になる4 伝説のセット打法4枚入れ 衝撃の出会い ...

続きを見る

万枚は当たり前!初代ミリオンゴッドの凄さ

目次1 ホールでも人気のゴッドシリーズ2 設定関係なし!モードとPGGで決まる3 天国モードの破壊力は凄まじい4 いまだ ...

続きを見る

-名機

Copyright© ドラゴン プロダクション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.