パチスロ

【ワンダークーちゃん】同一設定でもヒキによってスランプグラフは荒れまくる!

更新日:

手堅く勝つにはAタイプ!?

スロット極寒の時代到来か!と言われている今日この頃。

ただでさえ、パッとしない新台ばかりだったのに 遂に5.9号機の登場によって本格的な新台離れが起こってきている感じがします。

私は5.9号機の新台を打ちこんでいないので、詳しい事は知りませんが有利区間が1500Gに達すると終了するというシステムに拒絶しまくっています。

負け額のリミットはないくせに、出玉の上限があるというのは かなりのムリゲーなのではないでしょうか?

こんな、厳しい時代になったのだから、いっそのことスロットを辞める良いタイミングではないかと思ったりもするのですが、ただ思うだけで 気づくとホールに向かっています....

こんな状況になってくると、Aタイプのノーマル機を打つ事も多くなってきます。

甘いと評判のクラセレを5万ゲーム打ち込んでみた結果

目次1 クラセレは本当に甘いのか!?2 クラセレを1か月打ち込む3 クラセレは本当に甘かった クラセレは本当に甘いのか! ...

続きを見る

Aタイプは派手な一撃こそありませんが、手堅い勝負が期待できますし えげつない展開も少ないですしね。

また、設定判別もしやすい機種も多いのが魅力でもあります。

ツボにハマった時のAタイプは凄い!!

ハナビやバーサス、クラコレなどを打ち込んでいる人なら1度は経験したことがあると思いますが、ツボにハマると とんでもない連チャンをして、あっという間に3000枚~4000枚のコインを吐き出してしまう事があります。

Aタイプは穏やかというイメージがありますが、打ち込めば打ち込むほど 確率では説明できないような現象に遭遇します。

Aタイプの高設定というと、安定した右肩上がりのスランプグラフをイメージしますが、実際には長い間 下皿でのモミモミプレーが続き、いきなり吹き上がってコインを増やすという展開が多く感じるんですよね。

まあ、この話はオカルト的な話題になるので これ以上しませんが、Aタイプも荒いという事です。

ワンダークーちゃんで連日5000枚オーバー

ところで、みなさんは山佐の「ワンダークーちゃん」という台をご存知でしょうか?

完全告知機種でもあり、かなり「ジャグラー」に似ている機種でもあります。

「ワンダークーちゃん」の最大のポイントは、設定が1つしかないという事。

少し前にでた「ハイパーリノ」も設定は1段階で驚愕したのを覚えています。

【驚愕スペック】1段階設定のハイパーリノ

目次1 ハイパーリノの設定は設定Yのみ2 ハナビ、クラセレ、バーサスの人気は高い3 合算1/99の自力連荘に期待4 コイ ...

続きを見る

さらに「ワンダークーちゃん」はフル攻略で打つことによって機械割りが102%になるらしく、クランキーセレブレーション以上の激甘台でもあるのです。

そんな「ワンダークーちゃん」ですが、私の通っているホールにて5000枚オーバーを何度も目撃しています。しかも打っているのは普通の、おじさんやおばさんであり、決してフル攻略で打っているわけではありません。

つまり「ヒキ」一発で大爆発を巻き起こしているわけです。

そんな光景を見て、羨ましいなと感じつつも もう一つの考えが頭の中をグルグルと駆け巡ってきました。

スランプグラフでの設定判別は無意味なのか

私がAタイプを打つときは少なからずスランプグラフを参考にします。少しでも高設定の可能性が高い台を打ちたいからです。

しかし、Aタイプでの信じられない連チャンを目撃したり、自分でも経験したりするほど、スランプグラフでの設定判別は意味のない行為なのではないかと感じてきます。

自分が高設定を打ちきって勝ったと思っていた事も、ただの低設定での事故だった可能性も十分にあるのだと思います。結局はその日の「ヒキ」が1番大事なのではないかと思ってしまうのです。

【オカルト】ギャンブルにおける「流れ」とは存在するのか!?

目次1 永遠のテーマ「流れ」2 「流れ」はいろいろな場面で使用されている3 「流れ」は否定されていながら肯定されている4 ...

続きを見る

辛うじてAタイプでは勝ってはいるのですが、打てば打つほどオカルト的な思考に染まっていっていくのが怖いですね。

Aタイプを打ち込んでいるプロ達は理不尽なハマリや不自然を連チャンを どのように解釈しているのか聞いてみたいものです。

-パチスロ
-

Copyright© ドラゴン プロダクション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.